/head>

スプーンリメイク完成!!

製作中だったスプーンがとりあえず完成!
214.jpg
左の2本は依頼主のゲンタさんの元へ嫁入り。

可愛がってもらえよ〜( ´ ▽ ` )ノたくさん鮭釣ってくれよ〜!!

今回、貴重な機会をいただいたゲンタさんには感謝です!

ではでは。取り急ぎ。

明日の製作意欲につながります!どれかポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

スプーンリメイク②

まずはポチッとお願いします!!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

サケスプーンのアワビ貼りは荒削りまで終わり、こんな状況。
211.jpg
212.jpg

一番左のぐるぐるサーモンは表貼りと裏貼りを片面ずつ施した(笑)

あとはひたすらサンドペーパーをかけるのみ!しばしの間台所は占領である(´・ω・`)

どころで、このマニアックなブログを読んでいただいている方々ならお気づきだろうが、Bucchanのアワビ貼りは市販のアワビシートとは違う。

あくまでも天然アワビの直貼りなのだ。

大まかな工程は次のとおり!あくまで大まかである。

①アワビの貝殻を収集!海岸に行けば転がっている。カモメやカラスが中身をついばんだ残り(貝殻)を頂く!

213.jpg
カラスの目前に転がっているのがお目当ての貝殻。拾えるときはバケツいっぱい拾えることも。

②臭うのでハイターなどで消毒。

③サンダーで使える部分を切り出す。

④海藻や汚れを落とす処理を行う。すると基本のシートになる。
208.jpg
209.jpg
処理を丁寧に行って真珠層をたくさん出したものが表貼り、そうではない黒い部分が多いものは裏張りに使う。

⑤貝殻を砕いてブランクに貼り付ける。
207.jpg

⑥バリをニッパーなどで切り落とし、表面の凸凹を荒削り。この状態が一番上の写真。

⑦耐水ペーパーで磨きまくり!無心で磨くべし!

⑧ルーターなどでバフ掛け!これで鏡面磨きのような光沢が得られる。
137.jpg

バフ掛けをしなくても、#600くらいまで終わったところでウレタンドブ漬けすれば、全く問題のない十分な光沢を得られる。

ドブ漬けの方が防錆効果が得られてメンテナンスフリーでいいのかもしれないが、Bucchanは自然な光沢に魅力を感じるのでドブ漬けはあまりやらない。

アワビを貼ったところでどれだけの釣果があるかは正直わからない。

が、こだわりの道具で釣り上げる1尾には格別の満足感がある。

そしてP工房さんの作品を手に取るたび職人の技術の凄さを再確認させられる・・・

さて・・・磨くか・・・

これから台所で無心になりまする。ではではヽ(´▽`)/

お帰りの前にどれかポチッとお願いします!明日の製作意欲につながります!!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村




島の絶景朝日とサケスプーンのリメイク

↓↓まずはポチっとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

育児の合間を縫って、なんとか釣行出来ないかと狙っているBucchanです

夜7時~10時くらいはどうしても育児から手を離せず・・・

ナイトロックなどはお預けです。

ならば仕事前の朝に行くしかない!ということで、サケ釣り以外ではほとんどやらなかった勤務前釣行に!

ターゲットはヒラメ。

知人が近場の築港で、夕方短時間で6枚(ソゲ)を釣ったとか、足元で60cm近いのが釣れたとか、良い話は聞く!

沖ではあまりベイトがおらず、いつも以上に岸よりしているとか何とか・・・

ワーム、自作ジグなどを車に放り込み、近場へ一時間程度の釣行にしゅっぱ~つ!

198.jpg
まずはフラットジャンキーイワシカラーで狙ってみると・・・

何かヒット!しかし足元の根に掛けてロスト。小ソイかな・・・?

う~ん・・・ワームは苦手だ・・・

ということでオリジナルアワビジグ60g(ダブルアシストフック使用)でキャストを繰り返す・・・
200.jpg

こちらも3回根に掛けたところでロスト・・・ここって、そんなに根がキツかったかな?

結局この日は1ヒットのみで○ボ!

しかし、早起きしたものだけに与えられる絶景
199.jpg
これを見れただけでも良しとしよう!


さて、久しぶりの製作活動・・・

サケスプーンリメイクの依頼があり、それにとりかかる前に試してみたい工程があったのでチャレンジしてみることに。

といっても、マスキングテープを使用するってだけ
202.jpg
203.jpg
204.jpg
以前の製作では、サイドの部分とアイの部分がどうしても最終的に削れてしまっていた。

それを何とかするためのマスキング。それとアイの部分は初めからアワビシートに切り込みを入れて貼り付けることにした。(片側のみ)
205.jpg
201.jpg

そして#100のサンダーで荒削りした様子・・・
206.jpg

この工程、結論から言うと、マスキングテープはほぼ無意味。アイの切り込みは、まあいいんじゃない?っていう程度。

工程を増やしたから良くなるものでもないようだ。しかし今回のように実際にやってみないとわからないこともある。研究あるのみである!

ではでは


最後まで読んでいただきありがとうございます!!
↓↓お帰りの前にどれかにポチッとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

大漁 & 絶品料理

↓↓まずはポチっとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村


久々に釣行できたBucchanです。

とはいえ、内容はサビキ釣り!この時期、島には10~15cmほどの豆アジが釣れるのだ。

まあ、たまにはのんびりと小物と戯れるのも悪くはない。
192.jpg

順調にアジ・サバ・イワシが釣れる。

そしてのんびりと心に余裕があると、いつもは憎いコイツにも癒される・・・
193.jpg

ゆったりとした癒しの時間・・・まさに島時間。

釣り場からは町営の温泉が見える。
194.jpg
かなり寂れた感じの温泉だが、人気のある場所だ。

たまに、浴場の窓から、おじいさんのサービスショットが見られるマル秘スポットでもある(笑)

そして丘の上には島で唯一の?ホテルがある。
197.jpg
ホテルの横にはワイナリーがあり、島内外で人気のワインが生産されている。

札幌辺りでは高級ワインとして扱われているとの話も聞いたことがある。

で、これが今日の釣果。2時間くらいの実釣時間。
195.jpg

アジは最大で16cm、イワシは20cm、サバは25cmくらいだった。

知人におすそ分けし、3分の一ほどを料理した。

大きいアジは頑張ってタタキに。小型と、たたきで残った中骨は妻様に唐揚げにしてもらった。
196.jpg
たたきはもちろん美味しいのだが、この唐揚げが絶品なのだ!

ゆったりとした時間を満喫し、冬の大物釣りに英気を養ったBucchanでした。

ではでは
最後まで読んでいただきありがとうございます!!
↓↓お帰りの前にどれかにポチッとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

総アワビ張りタラシャクリ完成

↓↓まずはポチっとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

出張等で珍しく忙しい日々が続いているBucchanです。

特に釣行レポートもありませんが・・・

少し前に製作途中だったタラシャクリが完成したので、その作業の様子などを少々・・・



今回の鉛を流し込む鋳型は、安価なシリコンシーラントで。
164.jpg
クリアタイプとホワイトタイプをあえて使い分けた。

そこに鉛を流し込み、ブランクを製作
160.jpg
写真はブランクにアルミテープを貼り付けたところ。とくにやらなくてもよい工程だけど・・・

こうするとアワビを貼り終えたあと、アルミの光沢で失敗部分が見えにくくなる効果がある。

今回は裏貼りという方法をとる。

アワビは初めから光沢のある裏側と、海藻などがついて黒い外側がある。
163.jpg

裏貼りとは、光沢のある面をブランクに貼り付け、黒い面が表に出るようにする方法。

市販の貝殻シートは、とにかく光らすこと、見た目の良さを追求しているので、このやり方はできない。

どうやら魚は光れば何でもいいワケではなく、ある程度光を抑えて、チラチラと光る程度の方が良い時もある。

人間界にも「チラリズム」なる言葉があり、それに近いものだろうか(笑)。

タラシャクリはさすがに貼る面がスプーンより大きいので苦戦・・・通常一度で済む工程も3度に分けるなど、手間暇がかかった。

177.jpg

で、今回のこだわりはここ!
172.jpg
174.jpg
173.jpg

・・・・・・・こうして見かえしてみても、本当にどうでもよい、そしてとにかく面倒くさい工程・・・・

フックを取り付けるアイの部分ですが・・・鋳造する時点からステンレス線を上手く曲げて作る事が出来るんです。

今回は後付けの方法を考えました。

なぜなら、初めからつけていると、アワビを貼る時にアイの周囲が盛り上がり、「ほんのちょっと」美しくないんです。

従来の作品がこれ・・・
189.jpg
190.jpg

なので一度片面をバフ掛けまで終わらせ、そこから穴をあけ、アイを通して、反対側でも処理をして・・・

呆れるくらいの手間暇をかけました・・・
188.jpg
強度的にも問題のないように、貫通した側の処理も工夫しました。道具としての機能に問題はない・・・・はず・・・

そして完成したのがこれ。
162.jpg
700gちょい! まあまあいい重さかな?
191.jpg
187.jpg
186.jpg



こうしてBucchan家にあらたなオブジェが増えました・・・



最後まで読んでいただきありがとうございます!!
↓↓お帰りの前にどれかにポチッとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

エギング用 New リール 

↓↓まずはポチっとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村


本格的な釣行になかなか行けていないBucchanです

島では地味~~にサケが釣れてはいるようですが・・・

ごくごく少数にアングラーが群がっている状況で、釣れる気がしないんです・・・

それでも一日2本上がったとかなんとか、情報は細々と耳に入りますが、自分のサケ釣行は終了です!

これからの釣りものを整理すると・・・

①戻りのブリ ジギング
②ヒラメ  ショアルアー
③カジカ 投げ釣り
④クロソイ 投げ釣り
⑤ヤリイカ エギング

特にヤリイカに関しては、釣っても楽しく、食べても美味しく、ご近所さんへのおすそ分けにもGood!

昨年初めてエギングにはまって、今年も力を入れようと思っているが・・・

先日、エギングに愛用した98ステラ3000が殉職・・・新しい小型リールを選ぶことに!

エメラルダスやセフィア、バイオマスター等も欲しいが、まだまだエントリーレベルということを考慮した結果・・・

これ!!
182.jpg

ダイワレブロス2506H DH ! 実売6000円くらいかな。
184.jpg
PE0.8号が130m巻け、最大ドラグ4kg。スペック的には問題ない。

ダイワはあまり興味が無かったが、エアローターなど、シルエットもかっこいい!
183.jpg

コストパフォーマンスの高さはすでに感じていますが、重量が295gと結構あり、実際重く感じる。

特にスプールが重いかな。アルテグラなどの軽量に比べると多少不満が残る重量。まあ、我慢の範囲内。

スプールシャフトはさすがにBBついてはないね
185.jpg

11月くらいから始まる島のヤリイカ(ミズイカ)エギング。今年は100パイ目標に頑張るぞ!!

サケルアー アワビ貼り委託品

↓↓まずはポチっとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

島で知人のShinさんから連絡があり、サケルアーにアワビを貼ってほしいとの委託が!

話を聞くと、10月の連休で北見、ウトロ方面に遠征に行くので、タックルボックスにしのばせたいとのこと!

しかし、ウトロって・・・北海道の反対側・・・600km以上はあるよ・・・一度は行ってみたい聖地だけど・・・

彼はBucchan以上のサケフリークなのです。

去年は彼がチャーターした八雲のハネ撃ち船に同乗させてもらったことがります。

彼の道具に対する造詣の深さとこだわりはなかなかのもの!

そんな彼に興味を持ってもらえたのはBucchan工房としては名誉です!

なによりも今まで趣味でアワビコーティングをやってきましたが、他人から頼まれたのはあまりない!

ってことで気合が入ります!!

早速Shinさんからブランクを預かります。

165.jpg
166.jpg

左は良く見るタイプ。イモムシ君。右は恵庭のヤマト釣り具のオリジナルブランク!

よくネットでは拝見していて、とっっっても興味がある釣り具屋さんです。一度行ってみたい!

Shinさんはどうやってこのブランクを手に入れたのか?彼のこだわりを感じます・・・

せっかくなので、Bucchanも手持ちの絶対使わないルアーをリメイクします。
167.jpg
168.jpg


先日の釣行で釣りあげたサケの口に付いていた、誰かのダイワルアーです(笑)

まずは表面の塗装をはがします・・・
169.jpg

次に、程よい大きさに切り出して、処理が終わったアワビの貝殻を貼りつけます。
163.jpg
170.jpg

貼りつけたらすぐに、貝殻の割れ目に接着剤を浸透させ、乾かします・・・
175.jpg

通常はルアーの凸面に貼るのが一般的ですが、イモムシ君は凹面に貼りつけてほしいとのリクエスト!
180.jpg


これが実はなかなか難しかったりします・・・

なんとか張り終え、磨き終わってバフまでかけたところ
179.jpg
178.jpg

うん、なかなかの出来栄え!!これなら養子に出してもそれなりの存在感を発揮してくれることでしょう!

今回の反省点をあげるとすれば・・・


①ブランクの側面を、整形する際にどうしても削ってしまう。メッキが剥がれ、錆の原因になりそうだ。

②スプリットリングを取り付けるホール周辺の貼り方(削り方)が上手くいかない。

単に技術的な問題なのか、工程次第でどうにかなるものなのか・・・うーん・・・

こだわりすぎかな?とも思うが、せっかくの趣味なので徹底的にこだわっていきたい!

うーん、ブランクがメッキでなく、オールステンレスであればなんとかできると思うのだが・・・

そんなブランクあるのだろうか?

しかし今回受託したブランクは自分ではなかなか手に入らないものを扱わせていただいた(*^。^*)

もし納得していただけたら、また別の機会をいただきたいものだ。





あ、そうそう、工賃、手数料、材料費はいっさいいただいておりません。念のため!だって趣味だもん!

次は以前作りかけたタラシャクリにとりかかるぞ!!

ではでは

最後まで読んでいただきありがとうございます!!
↓↓お帰りの前にどれかにポチッとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村