/head>

鮭トバの作り方

お越しいただきありがとうございマス!
まずはポチッとお願いしマス↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

暖冬と言われた今年の冬も、やっとしばれる寒さになってきましたね!


道東の方は大変な荒れ模様のようですが・・・・


Bucchanはこの寒さを密かに待っていたのです・・・


そう、トバのために!!!


昨年の鮭釣りはシルバーウイーク中の遠征だけで13本、島内で奇跡の1本の計14本。

fc2blog_20150923043556c55.jpg
fc2blog_20150921040844c9e.jpg
156.jpg
144.jpg

釣りを楽しんだ後は料理も楽しみたいものですよね!


しかし、Bucchanはイクラはそんなに好きではない。


イクラ丼を1杯も食べれば十分満足である。


なので、大抵イクラは誰かに配って食べてもらうことが多い。


そしてそれは神のごとくありがたがられる!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


さらに、魚体に関しては、正直シロサケの味は好きではない。


だからと言って、片っ端から人にあげるには、釣り人として多少なり良心の呵責もある・・・


そこで、煮たり焼いたりではなく・・・


北海道伝統のトバにして食すのがBucchan家の基本なのです!!


3年ほど前から挑戦し・・・紆余曲折を経て、少しずつ形になってきています。


インターネットで検索し、はじめに挑戦した方法では・・・


塩漬にして新巻き鮭状態にし、1ヶ月近くかけて作るやり方・・・


これは手間暇かけた分、できたときの充実感が半端じゃなかったが・・・


塩っぱ過ぎて大失敗!お茶漬けに入れてもまだ塩っぱくて、まるで塩を食べているみたい・・・


お次に自分でダシをとり、醤油、酒、みりん、砂糖などで味付けし、1週間ほどで完成させたものは・・・


それなりに美味しかったが、作るたびにその配合が異なり、出来不出来の差が大きかった・・・


そこで考え付いたのは・・・コレ!!
447.jpg

おそらく、北海道のどの家庭にもあるであろう?「めんみ」!!

要はめんつゆですが・・・


これにお好みでみりんを入れたりして味を調節すればわりと簡単!


これにスライスした鮭を漬け込み・・・
418.jpg

ここからがまだまだ実験が必要なところ・・・


この写真が丸一昼夜漬けて、1週間外、3日間屋内で干し上がったもの・・・
445.jpg

まだかなり塩っぱい!表面に塩が薄く浮いているのがお分かりだろうか。



次に、4時間ほどの漬け込み & みりんを若干足したもの。
446.jpg

まだ乾燥途中ではあるが、つまみ食いしたところ・・・これでもまだ塩っぱいかもしれない・・・


次は思い切って30分程度で挑戦してみようと思います(^ー^)ノ


もしかしたら、海水程度の塩水に漬けるだけでも十分かもしれない・・・


自分なりのポイントは、いかに手をかけずに旨いトバを作るかです!


もし上手くできたらまたupします・・・


おそらくサーモンアングラーの皆さんは自分なりのトバ作りのマニュアルをお持ちの方も多いことでしょう・・・


その秘伝をこっそりとでも教えていただけると嬉しいです(^ー^)ノ


この塩っぱいトバでビールでも飲むことにします(笑)


ではでは


最後までご覧いただきありがとうございました!
明日の製作意欲につながります!どれかポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村
コメント

お久しぶりです

今時期にトバ作り、良いですね
鷹は今時期に作れないのですが
釣りながら作っているのは、塩が少なめの塩水に1時間位浸けてから干して、燻製にしています
日持ちはしませんが、1匹1匹の鮭の違いが分かりますよ

上手く出来ると良いですね
是非、教えてくださいね

Re: お久しぶりです

鷹さんおひさしぶりです!

燻製ですか!一度食べたことがありますがとっても美味しいですよね!

薄めの味付けの方が魚本来の味が楽しめるのでしょうね!次は塩水でも試してみようと思います。

氷下魚の時期になってきましたね!こちらの方ではメジャーなターゲットではないのですが、あのカラカラに乾かした珍味がとても好きです!氷下魚が釣れる地域が羨ましいです!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する