/head>

近い未来のルアー作り

当ブログへお越しいただきありがとうございます。
まずはポチッとお願いします↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

週末のルアー作りに色々想像が膨らみ、今からワクワクしております(笑)


ルアーの形状や重さ、泳ぎなど想像するだけで製作意欲が湧いてきます。


そんなルアービルダーさんたちが近い将来活用しそうなものがこれ!!


⬇️⬇️⬇️⬇️

483.jpg

3Dプリンター!!


発売当初は何やら拳銃の作成図が出回ったとか何とかで話題になりもしましたが・・・


以前、用があってIT関連の見本会に参加することがありました。


その時に目に止まり、営業の方と色々お話しさせていただきました。


第一印象は「これってルアー作れるじゃん!」です。というか、それ以外の使い道がBucchanには思いつきません(笑)


3Dプリンターで作った作品も見せてもらいました!
484.jpg

営業の方もとっても感じがよく、色々教えてくれました。

写真にあるフクロウの置物はだいたい8時間くらい掛かるそうです。さすがインクジェットプリンタとは違いますね・・・



展示してあったプリンタは20cm×20cm×20cmほどの大きさを作れるそうです。


それを超えるものは、分割することでバラバラに作ればいいらしい。


それで価格は確か20万くらい。他に何種類もある樹脂(インクの代わり)が結構する(数千円?)そうです。


まあ、気軽に手を出せる価格ではないが・・・


樹脂はプラスチック樹脂だけでなく金属質のものまで色々あるらしい・・・


とりあえずパンフレットももらってきました
485.jpg
486.jpg
487.jpg
親切な営業さんはメモ帳までくれました(笑)


マシン名「3D Majic Egg」 といい、メーカーは「MUTHO」、企画開発?は「アンドール株式会社」。


決して回し者ではないのですが、写真を使っても良いと許可を頂きましたので・・・


おそらく今後は3Dプリンタを利用したルアービルドが出現するのではないでしょうか?


3Dプログラミングの知識があれば十分可能!


これにスーパーコンピュータなどがあれば、水中での泳ぎの予測なども楽勝でしょう。(スパコンじゃなくても・・・)笑


今は一つ一つ削り出してブランクを作っているけど、ある程度はPCで済んでしまう・・・


もしそうなっても、Bucchanは最後は人間の手で触って完成させた作品の方に魅力を感じますがね。結局。


ちなみに、3Dデータですが、「Shade 3D」というソフトが有用らしい。


こちらもブースで色々話を聞かせてもらったが、まだまだBucchanは勉強不足かな。
488.jpg

PCに詳しいわけでは全くないのですが、こういうのに触れると色々な可能性が見えてきてとってもワクワクします。


3Dプログラミングも機会があればちょっとやってみたいと思います( ̄^ ̄)ゞ


以上、近い将来のルアービルドについてでした。


最後までご覧いただきありがとうございました!
明日の製作意欲につながります!どれかポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する